林酒店のご案内

林酒店のご案内

小さな田舎町の林酒店

林酒店のご案内【ここは鹿児島県のいちき串木野市の田舎町。
日本3大砂丘・吹上浜の北端に位置し、水平線上に甑島列島を望む景勝の地で、古くから金山とマグロの町として知られています。
林酒店は、当地の基幹産業に合わせて昭和初期に漁具製造販売店として創業、戦後間もなく酒類販売業に転じ、今日に至っております。


初代の意を継ぎ家業に専念、この道50年のベテラン、2代目店主・母の林美代子。
定年退職後に店に入って焼酎造りを一から学んだ父・林初郎。
そして、私、長女・奈津代は焼酎のことをもっと深く学びたくて、焼酎アドバイザーを取り、そして、会社を辞めた後に、日本酒にも興味があり、きき酒師も取得しました。
この3人で
「蔵人の心を伝えたい」
をモットーに営んでおります。

鹿児島県はもとより、隣接県の焼酎蔵を訪問、原料・仕込み・貯蔵・蔵人の意気込み等を深く見聞し、それぞれの蔵が持つ神秘的な製造過程に魅せられ、焼酎への愛着が更に深まり、止まることはありません。
蔵元さんをはじめ沢山の人と出会いに深く感謝し、個性ある焼酎を陳列できる喜び。
さつまの焼酎文化の伝統を守り、良質の商品確保とお客様に喜んでいただける活きた焼酎販売に徹してまいります。

ぜひお店にもご来店ください。
焼酎談義に花を咲かせましょう。

 

店主メッセージ

焼酎に出会い、私の人生は・・・
私の人生を変えた焼酎・・・
今があるのは、焼酎のお陰。そして、この店を創めた祖父母に感謝・・・
戦前、祖父母が小さな店を創めました。何でも屋さん。
当初、釣り具製造販売業。
戦後まもなく、たばこ・酒・塩・切手の免許も取得したそうです。
今でも、まだ沢山釣り針が眠っています。
店の値札の首掛け紐は、大事な大事なあさお(麻ひも)
寝る間も惜しんで働いていたそうです。
そして、母二代目。
母は、この道50年を超える大ベテランです。まぐろの町全盛期の活気あふれる時代では、今では考えられない忙しさを経験しています。
時代の流れと共に、店の形態も変わってきました。専門的に焼酎の魅力を母と共に学んでいくようになりました。積極的に勉強会に参加し、蔵元を巡り、現場の勉強。店作りの勉強に県外まで出向いたり・・・二人三脚でやってまいりました。
父も定年退職後は、店に入りました。父も蔵元へ焼酎造りに通い造りを一から学びました。
父が病に倒れ、私は、長年勤めていた会社を退職いたしました。
素敵な焼酎に出会い、それと共に多くの方々にも出会っており、多くのお客様からのエールがありました。そのおかげで、迷い一つなく会社を退職できました。
もっともっと焼酎を愛したい・・・
ここから焼酎を、この手でお渡ししていきたい。
ちいさな町のちいさなお店です。何も特別なものはありません。
コツコツ取り組んで、お客様と楽しめる場ができました。
何の取り得もない私ですが、商売が好きです。
焼酎を囲み当店を楽しんでいただけるよう、常に勉強を重ね精進してまいりたいです。
よろしくお願い申し上げます。

お店の情報

〒896-0044
鹿児島県いちき串木野市西浜町143
TEL 0996-32-2059
FAX 0996-32-2095